通信制高校で学ぶイメージ

通信制高校について、全くイメージがわかないという方もいらっしゃるかも知れません。通信制高校といいますと、通学制の高校とは異なり、いつでも授業があるわけではありません。課題や面接授業によるスクーリングを行い、最終的には単位取得に向けて試験をするという形になります。

レポートの提出に関しては、大体1年平均で50~60ぐらいのもので、スクーリングも月2回程度です。

ですので、仕事をしたりしながら通学を考えてる人でも、それほど無理なスケジュールではないと思います。

最近はインターネットなどを利用してスクーリングができたり、一定期間に集中して、合宿のような形でスクーリングをするような学校も増えてきています。

それぞれの学校が違った形でのサポートを行い、選択肢が多様化してくることによって、より視野が広がってくるのではないでしょうか。




Copyright © 通信制高校早わかりサイト All right reserved.